メリッサ:柑橘系

メリッサ

ストーリー

レモンバームの名でも知られるメリッサはミツバチに好まれることから、ギリシャ語で「ミツバチ」を意味するこの名が付けられました。古代からメディカルハーブとして重用され、その効能は16世紀に活躍していたスイスの医師パラスケススから「不老不死の妙薬」と呼ばれたほどです。5トンの花や葉から1リットルの精油しか取れないため、とても希少価値が高くなっています。

効果効能


心を鎮めて神経を落ち着かせる作用があるため、イライラや不安を和らげるのに役立ちます。極度の緊張で感情のコントロールができなくなった時などにおすすめです。

抗うつ、鎮静


ストレス性の消化器系の不調に効果的です。また、咳や気管支炎、喘息の症状を和らげる作用もあります。鎮静作用があるので、頭痛や生理痛の緩和にも役立ちます。血管拡張作用もあるので、高血圧症にも有効です。

消化促進、鎮痛、血圧降下、抗ヒスタミン、抗痙攣、抗ウイルス、胆汁分泌促進、駆風、強心、抗菌、抗真菌、解熱、子宮強壮


抗アレルギー作用や抗炎症作用があり、湿疹やかゆみを和らげるのに役立ちます。脂っぽい頭皮のケアにいいと言われています。

抗アレルギー、抗ヒスタミン、抗炎症、抗酸化

※高濃度で使用すると皮膚刺激があるため、敏感肌の方は注意しましょう。また、作用が強いので、30mlの基材に1〜3滴を目安にお使いください。妊娠中や緑内障、前立腺肥大の方は使用を避けてください。

効果が期待できる症状

喘息、気管支炎、風邪、喉の痛み、熱、せき、消化不良、吐き気、虫刺され、かゆみ、不眠偏頭痛肩こり腰痛じんま疹動悸めまい、月経痛、うつ怒り、不安、ショック、乗り物酔い、二日酔い、メタボ

使用方法

芳香浴
空気中に散布しましょう。直接ビンから吸入するのも効果的です。
芳香浴の場合、厳密に何滴という決まりはありませんが、精油の量はお部屋の広さや密閉の度合い、空気の流れ、室温、湿度、使用する精油自体の香りの強さなどによって大きく変わってきます。それに、香りの強さの感じ方は個人差もありますし、その時の体調にも影響されます。基本的には6畳ほどの広さのお部屋で3〜6滴程度を目安にお使いください。また、香りが強過ぎると感じた場合は少なめに、弱いと思った場合は多めにと適宜加減しましょう。

塗布
キャリアオイルで適切な濃度に希釈してから使用してください。反射区やツボ、患部と気になる部分に塗ります。

アロマバス
全身浴〜半身浴1〜5滴
部分浴(足浴、手浴)1〜3滴
※乳化剤やキャリアオイルで希釈してからお湯に加えると肌あたりがやさしくなります。ただ、皮膚刺激があるので、敏感肌の方は少量にするか避けた方がいいでしょう。

美容
無香料の化粧品やボディーローションに加えて使いましょう。
※50mlに対して2、3滴程度を目安に加えてください。

相性の良い精油

カモミール・ローマンゼラニウムネロリフランキンセンスローズアブソリュートローズオットー、ラベンダー、レモン、レモングラス、マートル、ローズウッド
※太字は特に相性のいい精油になります

ケース別おすすめ活用法

口腔ヘルペス
抗菌、抗ウイルス作用があるので、単純ヘルペスが原因で起こる口唇ヘルペスの改善に効果的です。キャリアオイルで希釈したものを綿棒につけて患部に少量塗布しましょう。水疱には、先ほどのオイルを1日3回塗布してください。
-トリートメントオイルの作り方-
(材料)
・ホホバオイル15ml
・メリッサ1、2滴
(作り方)
ホホバオイルにメリッサを加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
・上記のオイルでケアしても改善が見られない場合は病院を受診しましょう。
・作成したトリートメントオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。
・容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。

動悸
心因性の動悸にはキャリアオイルで希釈したものを、1、2滴耳の周囲に塗りましょう。
-トリートメントオイルの作り方-
(材料)
・ホホバオイル15ml
・メリッサ1滴
(作り方)
ホホバオイルにメリッサを加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
・作成したトリートメントオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。
・容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。

せき、気管支炎
抗炎症や抗アレルギー、鎮痛作用により粘膜の炎症を緩和します。免疫に作用して症状を予防してくれるので、胸や首の後ろあたりに塗布しましょう。
-ブレンドオイルの作り方-
(材料)
・ホホバオイル30ml
・メリッサ1滴
・ラベンダー3滴
・グローブ1滴
・シナモン1滴
(作り方)
ホホバオイルに各種精油を加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
・作成したブレンドオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。
・容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。

アレルギー性皮膚炎
虫刺されによるかぶれなどのアレルギー性の皮膚炎に効果的です。かゆみを鎮静して和らげるブレンドオイルでケアしましょう。
-ブレンドオイルの作り方-
(材料)
・キャリアオイル(カレンデュラオイルやホホバオイル)30ml
・メリッサ1滴
・ゼラニウム3滴
・カモミール・ローマン1滴
(作り方)
キャリアオイルに各種精油を加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
・作成したブレンドオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。
・容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。


《注意点》

セルフケアを行うに当たっては注意すべきポイントがいくつかあります。精油やハーブは心身の健康を図るのに効果的ではありますが、医療品ではありません。改善を望む症状が急性であれ慢性的であれ、まずは医者や専門家に相談することが大切です。精油やハーブによっては妊婦さんや特定の疾患、心身に不調がある場合、使用を控える必要があるものもあります。使用する際は禁忌事項をしっかり理解した上で、製品の取り扱い方法や注意点などを確認し、正しい使用法で利用するように心がけましょう。また、ご紹介する精油やハーブ、レシピは必ずしも全ての方に当てはまるものではありませんので、ご理解の上、健康維持にお役立て下さい。

参考文献
和田文緒著/アロマテラピーの教科書
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました