もう試した?過敏性腸症候群(IBS)の症状が改善したさまざまな治療法!

悩み別
SIZEN
SIZEN

慢性的な腹痛やそれにともなう便秘や下痢、腹部膨満感といったつらい症状に悩まされる過敏性腸症候群についてもっと知って欲しいと思います!!日本人の10人に1人が発症するほど身近な病気なんですが、まだまだ理解が進んでいない!!実は、過敏性腸症候群の方は年々増加傾向にあるとのこと…。この記事では一人でも多くの方がつらい症状から解放されるように、過敏性腸症候群について解説するだけでなく効果的な改善方法についても紹介しています。ストレス社会に生きる現代人にとっては他人事ではありません!社会全体で理解を深めていきましょう!!

IBSは悩んでいる人が多い疾患です!!

実は、過敏性腸症候群(IBS)は10人に1人が発症すると言われるほど有病率が高い疾患です。割合的には女性に多く、最近では中高生で発症するケースも増えてきているそうです。

基本的に、腸に器質的な異常が見られないにも関わらず、慢性的な腹痛、便秘や下痢といった通便異常が長期間にわたって続くのがこの病気の特徴になります。

今のところはっきりとした原因は分かっていませんが、発症にはストレスや過度な緊張、腸内フローラの変化、アレルギーなどの免疫異常などが関係しているとのこと!

また、細菌やウイルスによる感染性腸炎にかかった後にかかりやすくなるとも言われています。


幸い命に関わる病気ではないものの、本人にとっては生活がままならなくなるほどつらいもの…。

個人差はあるものの、患者さんの多くが症状にとらわれるあまり排便を必要以上に行ったり、外出や外での食事が怖くて避けてしまうような回避行動をしたりと悪循環に陥ってしまいます。

症状が重い方だと不登校、欠勤の原因になることもあるんです。

一般的に、過敏性腸症候群(IBS)は完治が難しいと言われていますが、適切な治療を受ければ、なんの支障もなく日常生活を送れるようになるまで改善することができます。


ただ、治療法は症状や個々で合う合わないがあるようで、一概にこの治療法なら効くとは言えないようです。

とりあえず、適した治療法を知るためにも、胃腸の不調は早めに専門医(消化器内科、胃腸科など)に診てもらうことをおすすめします!

一般的な過敏性腸症候群の治療法!

過敏性腸症候群(IBS)の治療においては生活習慣の改善が基本となります。

例えば、規則正しく3食を食べる、水分補給、暴飲暴食を控える、しっかり睡眠をとる、適度な運動をする、ストレスを溜め込まないように心がけるなどの対策が症状の改善を図るうえではとても大切です。

なお、このような生活習慣の改善を試みてもなかなか改善が見られない場合、あるいは、すぐに症状を改善させたい場合には薬物療法も行われます。

具体的には、下痢型や便秘型などのタイプに合わせて腸に作用する薬、脳に作用する薬が使われるそうです。


それでもなお、ピッタリの治療薬にたどり着くまでには時間がかかってしまうパターンが多く、治療が長期戦になることがよくあります。

また、原因によっては特定の薬しか効果が出ないこともあるようです。

例えば、長年、過敏性腸症候群(IBS)の薬を服用し続け、何とか症状を抑えながらつらい状況をやり過ごしていた方が実は胆汁性下痢だったというケースもあります。


実は、過敏性腸症候群(IBS)の下痢型を患っている人の約30%は胆汁酸の吸収障害が関与しているとのこと…。

1日でも早くつらい症状から解放されたいのであれば、たとえ時間がかかっても過敏性腸症候群に精通した医師に原因を解明してもらい、適切な治療を受けるのが一番かもしれません!!

実際に、専門医の介入による治療で43%の方の症状が改善したというデータもあるみたいなので、悩んでいる方は一度医療機関で相談してみてはいかがでしょうか?

生活習慣を整えて過敏性腸症候群を改善しよう!!

自律神経を整えて過敏性腸症候群を改善するには⁉

今注目されている治療法!!

過敏性腸症候群(IBS)の治療法にはさまざまな方法がありますが、中でも注目したいものに低FODMAP食事法やペパーミントオイルなどがあります。

ここで、それぞれの治療法について詳しくみてみましょう。

低FODMAP食事法

私たちが腸内環境を整えるためと摂取しているヨーグルトや納豆などの発酵食品。実は、それらの発酵食品が過敏性腸症候群(IBS)の症状を悪化させている可能性があるとのこと…。

低FODMAP治療法では過敏性腸症候群(IBS)の原因となり得るラクトース、フルクトース、ポリオールなどの発酵性の糖質を含む食品を控える食事を取ることで症状の改善を図ります!

実際、低FODMAP治療法を取り入れることで、75〜80%もの方に症状の改善が見られたという報告もあるそうです。


なお、低FODMAP治療法では、できる限り低FODMAP食品を組み合わせて摂取することでより高い効果が得られると言われています。逆に、高FODMAP食は症状が悪化する恐れがありますので避けた方がよいと考えられているようです。

日本消化器病学会も推奨している治療法ですので試してみる価値はあると思いますよ。

低FODMAP食材高FODMAP食材
やさいもやし、たけのこ、にんじん、セロリ
なす、ズッキーニ、ブロッコリー、
かぼちゃ、トマト、ピーマンなど
ガーリック、アスパラガス、カリフラワー
たまねぎ、マッシュルームなど
豆類ひよこ豆大豆、黒豆、そら豆など
いも類サツマイモ、じゃがいも
果物バナナ、オレンジ、ぶどう、イチゴ
キウイ、パイナップル、レモン
ブルーベリーなど
りんご、もも、マンゴー、あんず
すいか、アボカド、洋ナシ、レーズンなど
お肉牛肉、鶏肉、豚肉などソーセージ、加工肉
穀物類白米、玄米、ポップコーン、オーツ麦、オートミール、キノアなど小麦製品(パン、パスタ、うどん、クッキー等)
種実類アーモンド、チアシード、ピーナッツ
ゴマなど
ピスタチオ、カシューナッツ
ミルク豆乳(大豆たんぱく由来)、アーモンドミルク、ココナツミルク牛乳、ヨーグルト、豆乳(大豆由来)、ライスミルク、ヤギ乳など
発酵食品しょうゆ、オイスターソース、米酢キムチ、納豆、野菜の漬物など
甘味料メープルシロップ、ステビアなどはちみつなど
その他バター、チョコレート、カマンベールチーズ、モッツアレラチーズなど生クリーム、カスタードクリーム
アイスクリーム、クリームチーズなど

ペパーミントオイル

数千年前から健康によいと利用されていなペパーミントオイル。実際、古代ギリシャや古代ローマ、古代エジプトの記録にも消化器系疾患に使われていたことが記されています。

特に、IBSに対してはさまざまな研究が行われていて、症状の緩和に役立つ可能性も示唆されています。


中でも、腹痛や膨満感、腸管ガス貯留に対しては一定の効果があるみたいなので、これらの症状でお悩みの方にはおすすめです!比較的安全で症状が軽減した方も少なくないので試してみる価値はあると思います。

まれに、胸焼けや吐き気などの副作用が現れることがあるようなので、心配な方はかかりつけ医に相談してから始めるといいかもしれませんね。

製薬会社が開発したペパーミントオイルを含むサプリメントはコチラ
  ↓  ↓  ↓

鍼灸治療

鍼灸治療では過敏性腸症候群(IBS)によって現れるさまざまな症状に対する治療を行うとともに、自律神経のバランスを整える治療も行なっていきます。

一応、鍼治療についてはいくつかの試験で一定の評価が得られていますが、確固たる証拠がないという結論に至っているようです。

ただ、鍼灸で症状が改善したケースは数多くあります。例えば、専門医で行う治療でなかなか改善が見られなかった方が、鍼灸治療では不快な症状から解放され、以前のような社会生活を取り戻すことができたそうです。


実際、ある種のストレスからスイッチが入るといった過敏性腸症候群特有の悪循環を断つのには頭鍼治療が効果的だという検証もあります。


病院の薬を服用しながら鍼灸治療を受けている方もいるので、気になる方は一度鍼灸院で相談してみてはいかがでしょうでしょうか。

プロバイオティクス

IBSを患っている方の腸内環境は健全な方とは違っているそうです。さらに、便秘型、下痢型、混合型でも構成が異なることが分かっています。

実は、このような腸内フローラのバランスの悪さはIBSによって現れるさまざまな症状の引き金になるとも言われているんです


具体的には、腸内環境のバランスが悪いと腸管粘膜のバリア機能が低下して微弱な炎症が起こり、その刺激が脳に伝わることで痛みや不安感が増幅します。

そこで必要になるのが腸内環境の改善!!ただ、この場合の腸内環境の改善はなかなか難しく、自分にとってベストなものを見つけるのは至難の業です!

プロバイオティクスでの治療をお考えの場合は病院で腸内フローラの解析を受けることから始めた方がいいかもしれません。自分の腸内環境を知ることでベストな食品を知ることができますよ。

腸内環境を整えたい方におすすめの腸活3選!

みんなが試してよかった対策術

過敏性腸症候群(IBS)でお悩みの方の多くが日常生活でも何かしらの対策を行っています。今回はその中でも支持率が高かった方法をご紹介したいと思います。

  • ビタミンDサプリメント
    過敏性腸症候群(IBS)患者は高い割合でビタミンD欠乏症を引き起こしていると言われています。シェフィールド大学で行われた研究では、IBS患者にビタミンDサプリメントを服用させたところ、腹痛、腹部膨満、下痢、便秘などの症状が緩和したそうです。ちなみに、ビタミンDの濃度は病院で検査すれば分かりますので、一度調べてみるといいかもしれません。ビタミンDは腸の健康だけでなく、免疫機能やメンタルヘルスにも関わる重要な栄養素です。健康的な心身を保つのにも役立ちます。

  • プロバイオティクス
    プロバイオティクスといえば乳酸菌やビフィズス菌が有名ですが、酪酸菌も腸内環境を整える効果に優れています。というのも、酪酸菌は腸内を弱酸性に保つことで悪玉菌の発生を抑制し、善玉菌が住みやすい環境を作ってくれるんです。また、酪酸菌は水分やミネラルを吸収するという大腸の役割を促したり、腸の炎症を予防したりと大腸の機能をサポートしながら健康を維持する重要な役割も担っています。ところが、酪酸菌を含む食品は非常に少なく、酪酸菌を腸内で育てるのにも食事内容を工夫する必要があります。そこでおすすめしたいのが酪酸菌のサプリメントです。実際、過敏性腸症候群の患者さんに酪酸菌製剤を投与したところ、腸内フローラに改善が見られたという報告もあります。乳酸菌やビフィズス菌で症状が改善しなかった方は酪酸菌のサプリメントを試してみてもいいかもしれません。

    1日スプーン杯のハチミツで腸内環境を整える酪酸菌が摂れる!!
      ↓  ↓  ↓
オーストラリア政府登録認定機関【ACO】100%オーガニック正式認定。
NATURAL ORCHESTRAの「プレミアムオーガニック ジャラハニー」
  • 漢方薬
    IBSの治療には漢方薬も使われます。漢方薬の強みは症状に対する対処療法的な治療だけではないところでしょう。冷えや不眠などIBSに影響を与えている可能性のある他の兆候も考慮し、多角的に体の偏りを改善してくれます。基本的には、便秘型や下痢型、体質などで処方される薬が変わってくるそうです。例えば、便秘型の基本薬は桂枝加芍薬湯になりますが、体力中等度以下で頑固な便秘、腹部膨満感や腹痛がある方には桂枝加芍薬大黄湯が処方されます。以下に大まかな症状と該当する薬を紹介していますので参考になさってくださいね。ちなみに、漢方薬は個々で適した漢方薬が異なります。一般的に効果が高いものが必ずしも自分に合っているとは限りません!!自分に適した漢方薬をお探しなら、専門医や漢方薬局などで相談してみましょう。

症状処方薬
便秘型(体力が中等度以下)
腹部膨満感、頑固な便秘、腹痛
桂枝加芍薬大黄湯
(体力が虚弱)
疲労感、腹痛、動悸、手足のほてり
冷え、寝汗
小健中湯
(体力が虚弱で冷えと腸の通過障害が顕著)
腹部が冷えて痛い、 腹部膨満感
大健中湯
下痢型(体力が中等度でみぞおちのつかえ感や口内炎)
悪心、嘔吐、食欲不振、お腹が鳴る、軟便
半夏瀉心湯
(体力が虚弱で疲れやすく手足が冷える、冷房で症状が出る)
胃腸虚弱、嘔吐、胃痛、腹痛
人参湯
(体力が虚弱で全身に冷え、疲労感や倦怠感あり)
腹痛、まめい、動悸
真武湯
交代型(体力中等度以下)
腹部膨満感 、強い便秘と腹痛、しぶり腹
桂枝加芍薬湯

  • 舌磨き
    テレビ番組で紹介されていた方法でIBSの下痢症状が改善した方もいます。なんと、舌を洗浄することで下痢が改善するというものです。実は、この方法は医学的に見ても間違いではないようで、口腔内を清潔に保てば、腸内環境も改善しやすくなるそうなんです。方法はいたって簡単で、舌ブラシや舌用のヘラなど専用の器具を使って行います。下の奥から手前に向かって一方方向に軽い力でかき出すだけ!基本的には、1日1回、起床時か食後に行います。なお、この方法は効果が顕著に現れる方もいれば、全然効果が見られない方もいます。一応、舌磨きは口腔内の健康維持にも役立ちますので、ダメ元でも試してみる価値はあると思います。

過敏性腸症候群の症状緩和に役立つ精油

過敏性腸症候群の症状緩和には、自律神経の乱れを整える精油にあわせて,それぞれの症状に合った精油をブレンドすると効果的です。

例えば、腹痛があり下痢型の方で不安感も強い場合であれば、抗不安や鎮痛、鎮痙、消化促進などの作用をもつ精油でケアしてあげるとよいでしょう。

もちろん、ご自分がリラックスできるような香りを選ぶことも大切です。方法はマッサージや患部への塗布、芳香浴が効果的。


このようなリラクゼーションの繰り返しを心身にインプットさせることで効果が徐々に実感できると思います。

実際、この方法で過敏性腸症候群を乗り越えた方もいます。ぜひ、日々のケアにお役立てくださいね。


《おすすめの精油》
キャラアウェイ、ジンジャー、ペパーミント、フェンネル、イランイラン、クラリセージ、ローズ、メリッサ、ベルガモット、アニス、オレガノなど

アロマは、フレーバーライフ【フレーバーライフ】

過敏性腸症候群の症状緩和に役立つハーブ

ハーブで過敏性腸症候群による諸症状を緩和するのであれば、自律神経を整える作用や駆風、消化促進、収れんなどの作用があるハーブがおすすめです。

ちなみに、過敏性腸症候群(IBS)に効果的なハーブで代表的なものにはペパーミントやジャーマン・カモミール、リコリスなどあります。


ペパーミントは前に触れたので、今回はジャーマン・カモミールについてご紹介したいと思います。

ジャーマン・カモミールはストレス性の胃腸トラブルにはもってこいのハーブで、胃の粘膜を修復する効果もあります。利用方法はハーブティーやチンキ剤、サプリメントでの摂取が効果的です。

実際、時間はかかりますがジャーマン・カモミールを中心にブレンドしたハーブティーによるセルフケアで服用していた薬が必要なくなり、平穏な日常生活を取り戻した方もいます。


ぜひ、日常的なセルフケアにハーブティーをお役立てください。

《おすすめのハーブ》
レモンバーム、ジャーマンカモミール、オレンジピール、ローズ、ペパーミント、スペアミント、タンディライオン、リコリス、フェンネル、バレリアン、キャットニップ、ローズヒップ、パッションフラワー

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」
SIZEN
SIZEN

まとめ

過敏性腸症候群の改善にはさまざまな方法があるんですね!!まずは、生活習慣を整えることから始めて、そこから自分に合った方法で症状を緩和していければいいと思いますよ!!

私の知人にも長い間過敏性腸症候群に悩まされていた方がいましたが、自分にピッタリの方法を見つけてからはつらい症状から解放されたそうです!!今回ご紹介した方法が少しでも症状が和らぐヒントになれば嬉しいです。


《注意点》

セルフケアを行うに当たっては注意すべきポイントがいくつかあります。精油やハーブは心身の健康を図るのに効果的ではありますが、医療品ではありません。改善を望む症状が急性であれ慢性的であれ、まずは医者や専門家に相談することが大切です。精油やハーブによっては妊婦さんや特定の疾患、心身に不調がある場合、使用を控える必要があるものもあります。使用する際は禁忌事項をしっかり理解した上で、製品の取り扱い方法や注意点などを確認し、正しい使用法で利用するように心がけましょう。また、ご紹介する精油やハーブ、レシピは必ずしも全ての方に当てはまるものではありませんので、ご理解の上、健康維持にお役立て下さい。

参考文献
https://www.ishindo-china.com/病気-難病治療/過敏性腸症候群-ibs/
https://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/smp/article/?id=018748
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/di/digital/201804/555500.html
https://taisho-kenko.com/disease/detail/145
https://www.taiyokagaku.com/lab/trend/12/
https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c04/38.html
https://amagadai-fc.com/irritable_bowel_syndrome20210601/
https://www.jahbs.info/journal/pdf/vol25/vol25_2_3.pdf
https://www.yomeishu.co.jp/health/3683/
https://koganei.tsurukamekai.jp/blog/ibs.html
http://www.nibiohn.go.jp/eiken/linkdediet/news/FMPro%3F-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=63050&-lay=lay&-Find.html
http://www.miyarisan.com/probiotics.htm
https://www.okochi-cl.com/docs/pdf/kanpo_07.pdf
https://www.mdc.co.jp/content/rakusankin/
https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/communication/c03/11.html
https://www.akashi-clinic.com/symptom/kabinseiicyousyou.html
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs_2.html
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_39.html#topic3
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs_3.html
https://hamanoclinic.com/medical/medical02_02.ht
和田文緒著/アロマテラピーの教科書
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー
苑田みほ著/ハーブブレンドレシピ
エッセンシャルオ

SIZENTOはブログ村に参加しています!応援よろしくお願いします!!
  ↓  ↓  ↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました