レモングラス:柑橘系

レモングラス

ストーリー

レモングラスは葉を揉むとレモンのような爽やかな香りを放つことらレモングラスと名付けられました。その歴史は古く、原産地のインドでは薬用のハーブとして熱病や感染症に用いられていたようです。現在では、世界中で料理や化粧品など幅広い用途に利用されています。

効果効能


鎮静作用がありストレスや不安、緊張で疲れ切った心を癒してくれます。また、アドレナリンの分泌を促す作用もあるため、集中力や記憶力を高めるのにも効果的です。リフレッシュとリラックス、両方の効果が期待できます。

刺激、鎮静


鎮痛作用と疲労物質を除去する作用があり、血行も促すため、運動後の疲れや筋肉痛、肩こり、むくみによいと言われています。また、食欲不振や消化不良など消化器系の不調にも効果的です。風邪や気管支炎といった呼吸器系にも働きかけます。

抗菌、抗真菌、強壮、疲労回復、整腸、健胃、免疫賦活、鎮痛、消炎、利尿、発汗、消化器系の働きを促進、抗ヒスタミン、リンパ刺激、血管拡張


収れん作用があり毛穴を引き締めてハリのある肌へ導いてくれます。また、殺菌作用にも優れており、ニキビケアにも役立ちます。脂っぽい頭皮のケアにもおすすめです。

収れん(肌を引き締める作用)、抗炎症、皮脂分泌調整、デオドラント

※高濃度で使用すると皮膚刺激があるため、 敏感肌の方は注意が必要です。作用が強いので、30mlの基材に対して1〜3滴を目安に使いましょう。また、眼圧を上げるので、緑内障の方への過度な使用は控えてください。妊娠中の使用は避けましょう。

効果が期待できる症状

過敏性腸症候群、消化促進、膨満頭痛、筋肉痛、肩こり疲労、リウマチ、腰痛むくみニキビ・吹き出物、肌のたるみ、食欲不振、消化不良、下痢、便秘鼻づまり、せき、ダイエット、二日酔い、月経痛、呼吸疾患、水虫

使用方法

芳香浴
空気中に散布しましょう。直接ビンから吸入するのも効果的です。
※芳香浴の場合、厳密に何滴という決まりはありませんが、精油の量はお部屋の広さや密閉の度合い、空気の流れ、室温、湿度、使用する精油自体の香りの強さなどによって大きく変わってきます。それに、香りの強さの感じ方は個人差もありますし、その時の体調にも影響されます。基本的には6畳ほどの広さのお部屋で3〜6滴程度を目安にお使いください。また、香りが強過ぎると感じた場合は少なめに、弱いと思った場合は多めにと適宜加減しましょう。

塗布
キャリアオイルで適切な濃度に希釈してから使用してください。反射区やツボ、患部と気になる部分に塗ります。

アロマバス
全身浴〜半身浴1〜5滴
部分浴(足浴、手浴)1〜3滴
※ 乳化剤やキャリアオイルで希釈してからお湯に加えると肌あたりがやさしくなります。

美容
キャリアオイルで希釈したものでシワなど気になる部分をケアしましょう。

家事
除菌スプレーを作って携帯しておけば、外出先で役立ちます。

相性の良い精油

オレンジスイートゼラニウムパチュリブラックペッパーフランキンセンスベチバーラベンダーローズマリー
※太字は特に相性のいい精油になります

ケース別おすすめの活用法

喉の痛み
風邪やせき、気管支炎など呼吸器系に働きかけます。芳香浴をしたり、直接ビンから香りを吸入したりしましょう。

衣類の虫食い
防虫や虫除けの作用があり、衣類を虫から守ってくれます。レモングラスの精油をコットンに2、3滴垂らして洋服たんすや収納ケースに入れておきましょう。

虫よけ 
レモングラスに含まれるシトラールとシトロネラールにはダニや蚊、ゴキブリといった害虫の虫よけ効果が期待できます。夏の虫よけにピッタリです。
-虫よけスプレーの作り方-
(材料)
・無水エタノール5ml
・精製水45ml
・レモングラス2滴
・ゼラニウム3滴
(作り方)
1、スプレー容器に無水エタノールを入れます。
2、各種精油を加えて混ぜ合わせます。
3、最後に精製水を加えてよく降り混ぜ合わせましょう。
(注意事項)
・衣類にスプレーするだけでも十分効果が期待できるので、敏感肌やお子様には肌に直接スプレーせず、衣類に吹きかけましょう。
・保存期間は約2週間程度になります。スプレーボトルに製作日を書いたラベルを貼っておくと便利です。
・その都度よく振って混ぜ合わせてから使いましょう。
・火気付近での使用、保存は避けてください。

部屋のニオイ
レモングラスの消臭作用と殺菌作用でお部屋がスッキリ清潔になります。生ごみやトイレの消臭、便座の除去などさまざまなシーンで活躍します。
-消臭スプレーの作り方-
(材料)
・無水エタノール10ml
・精製水40ml
・レモングラス4滴
・ラベンダー6滴
(作り方)
1、スプレー容器に無水エタノールを入れます。
2、各種精油を加えて混ぜ合わせます。
3、最後に精製水を加えてよく降って混ぜ合わせましょう。
(注意事項)
・掃除や除菌、消臭に使う場合は最大で4%程度に希釈することが可能ですが、肌に使う場合は1%以下にしてください。
・保存期間は約2週間程度になります。スプレーボトルに製作日を書いたラベルを貼っておくと便利です。
・その都度よく振って混ぜ合わせてから使いましょう。
・火気付近での使用、保存は避けてください。

肩こり
レモングラスの血管拡張と鎮痛、消炎作用でつらい肩こりを和らげてあげましょう。ロールオンアロマであれば外出先でも手軽にケアできるのでおすすめです。運動後の筋肉通にも役立ちます。
-ロールオンアロマの作り方-
(材料)
・ホホバオイル10ml
・レモングラス1滴
・ラベンダー2滴
(作り方)
キャリアオイルにブレンドしたい精油をすべて入れて混ぜ合わせます。
(注意事項)
・作成したブレンドオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存し、1ヶ月を目安に使い切りましょう。

脚のむくみ
マッサージオイルで血行を促し、むくみを改善しましょう。お風呂上りに行うとより効果的です。むくみやすいふくらはぎは、くるぶしから膝に向かってなでるようにマッサージしてみてください。また、膝やふくらはぎの裏をもみほぐすのも効果的です。
-マッサージオイルの作り方-
・キャリアオイル(ホホバオイルやスイートアーモンドオイル)30ml
・レモングラス1滴
・ジュニパー滴2滴
・グレープフルーツ2滴
(作り方)
キャリアオイルに各精油を加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
・作成したマッサージオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。
・容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。


《注意点》

セルフケアを行うに当たっては注意すべきポイントがいくつかあります。精油やハーブは心身の健康を図るのに効果的ではありますが、医療品ではありません。改善を望む症状が急性であれ慢性的であれ、まずは医者や専門家に相談することが大切です。精油やハーブによっては妊婦さんや特定の疾患、心身に不調がある場合、使用を控える必要があるものもあります。使用する際は禁忌事項をしっかり理解した上で、製品の取り扱い方法や注意点などを確認し、正しい使用法で利用するように心がけましょう。また、ご紹介する精油やハーブ、レシピは必ずしも全ての方に当てはまるものではありませんので、ご理解の上、健康維持にお役立て下さい。

参考文献
和田文緒著/アロマテラピーの教科書
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました