膝の痛みでお悩みの方必見!!薬に頼らず痛みを取り除く方法!

悩み別
SIZEN
SIZEN

病院に行っても異常がないで済まされる膝の痛みってどうしたものかな?実は、慢性化した膝の痛みって脳が痛みを記憶しているせいかもしれませんよ!それに、痛みに過敏な精神状態が災いして、痛みが慢性化している恐れもあります…。この記事ではなかなか改善しない膝の痛みに効果的な改善方法についてご紹介しています。身近な食材を使った方法も紹介していますので、ぜひ試してみてくださいね!!

慢性化した膝の痛みの原因には脳が関係してる?

ある日突然やってくるやっかいな膝の痛みで悩んでいる人は少なくないと思います。

実は、慢性化した膝の痛みに脳が関係している可能性があることをご存知でしょうか?

例えば、ケガによって膝の痛みが起こったとします。ケガが治っても痛みがなかなか取れずケガをした時と同じような痛みが続く場合、脳による可能性が高いそうです…。

なお、この時の脳の神経回路はわずかな刺激にも痛みを感じるように再編成されているとのこと。

つまり、脳が記憶した痛みによって膝の痛みが慢性化しているというわけです。


実際、整形外科を受診しても「異常がない」とか、「加齢によるものだから薬で痛みを軽減するか運動で筋肉を鍛えるしかない」など言われ、つらい症状に耐えている方は少なくありません!!

一般的に、膝の痛みは病気やケガによるものだけでなく、体型や加齢、生活習慣などさまざまな要因によって起こります。

たとえ日常生活に支障がなくても、長期化した痛みによって心身の健康が阻害されているのであれば、本人にとっては深刻な問題です。


ちなみに、膝の痛みは軟骨や筋肉、靭帯など膝の組織に何らかの異常があることで発生していることも考えられます。

適切な治療で症状が改善するケースもあるので、まずは整形外科を受診することをおすすめします!!

膝の痛みにアボガドが効く??

膝の痛みと長く付き合っている方の多くがグルコサミンやコンドロイチンといった成分が配合されているサプリメントや湿布で痛みを緩和されていることと思います⁈

しかし、このような方法で症状が改善されたという声はあまり聞かれません。


ところが、最近フランスで行われた研究でアボガドの成分に膝の痛みや機能を改善する効果があることが分かりました。

具体的には、アボガドに豊富に含まれる『アボガド大豆不けん化物』という成分内のTGF-βという物質がすり減った軟骨を修復するというのものです。


さらに、アボガドには痛みや炎症を誘発するCOX-2と呼ばれる酵素の合成を妨げる成分も含まれています。

実際、 変形性股関節症の患者さんを対象に行った研究でも、2年間アボガドを食べ続けることによって軟骨のすり減りが遅くなったそうです。


アボガドは一年通してスーパーで手に入りやすい身近な食材なので試してみる価値はあると思います!!

ただし、アボガドは100gあたり約178カロリーと主食のご飯よりカロリーが高いので、食べ方には工夫が必要です。

目安としては1日半分をなるべく毎日食べるのが効果的!!膝の痛みに悩まされている方の救世主になるかもしれません⁉

体の機能を高めることも大切です!!

人間の体はもともと上手く作られていますが万能ではありません。

生きていれば病気やケガなどに見舞われることもありますが、これは膝の痛みに関しても同じ…。

日常生活にありふれた些細なことがきっかけとなり膝の痛みが発症する可能性があります。

実際、膝の痛みを訴える方は年齢を重ねるごとに増加する傾向にあるとのこと…。


加齢や肥満、O脚、筋肉の衰え、膝に負担をかける仕事、遺伝などさまざまな要因が重なって発症するのです!!

そこで、大切になるのが体のメンテナンス。例えば、スクワットや椅子に座って行う足上げ運動などで膝の負担を軽減してあげましょう。


もし、スクワットや座った状態での運動が難しい場合、仰向けに寝た状態で行う足上げなどで太ももの筋肉を鍛えるのも効果的です。

個人的にお勧めしたいのが精油やハーブを使用した方法!

実は、日本メナード株式会社の研究において、リンデンフラワーというシナノキ科のハーブが加齢により関節軟骨がすり減ることで現れる変形性関節症に効果的であることが検証されています。

もともと、このリンデンはあらゆる部位が利用できることから、ヨーロッパでは「千の用途をもつ木」として珍重されている万能ハーブです。

同研究では、軟骨の主成分であるコラーゲンやプロテオグリカンの弾力性を低下させる酵素の生成を抑えるだけでなく、炎症を抑える効果も認められています。


劇的な改善は見られなくても、ハーブや精油は体質を改善したり、不調を緩和したりするのに効果的です。

また、痛みに直接アプローチするだけでなく、痛みに対する不安や怒りなどネガティブな感情を抑制することでも痛みに働きかけていきます。

膝の痛みに長年悩まされている方は不調に効果的な精油やハーブティーでのケアもぜひ試してみてほしいと思います。

椅子に座りながら足上げの運動を行っている女性のイラスト

膝の痛みに効果的な精油

膝の痛みには温める、痛みを和らげる、筋肉をほぐす、炎症を抑える、アレルギーの症状を緩和・軽快させるなどの作用を持つ精油がおすすめです。

また、冷えが痛みを助長させている可能性もあります。体を温めながら血液循環をよくする精油で発痛物質の排出も促してあげてください!


基材で薄めて幹部に塗布したり、トリートメントしたりする方法やお風呂に精油を入れて使用する方法がおすすめですよ。

《おすすめの精油》
オウシュウアカマツ、スイートオレンジ、ビターオレンジ、ジュニパー、マジョラム、ユーカリ・シトリオドラ、ローズマリー、ローズマリー・カンファー、ローズマリー・シネオール、 ゼラニウム、ジュニパー、ベルガモット、マンダリン、ユズ、レモン、ローズウッド、サイプレスなど

アロマは、フレーバーライフ【フレーバーライフ】

膝の痛みに効果的なハーブ

以下でご紹介しているハーブは関節痛に効果的なハーブと言われているものです。

ハーブティーやチンキとして利用するのもいいですし、温湿布やハーバルバスで患部に働きかけるのもおすすめです。

また、ハーブで作った浸出油を使ってマッサージしたり、浸出油をもとに作った軟膏やクリームを患部に塗布したりするのも効果的!


セルフケアの一環として、取り入れやすい方法から始めてみてはいかかでしょうか。

《おすすめのハーブ》

アロエベラ、キャッツクロー、フィーバーフュー、ユーカリ、セントジョワーズワート、ジンジャー、リンデンフラワー、ウィローバークなど

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」
こちらはリンデンフラワーをサンフラワーオイル(ひまわり油)に浸出させたものです。マッサージした後に温湿布すると痛みの緩和に役立ちます。
SIZEN
SIZEN

まとめ

きっかけはどうであれ、膝の痛みは年齢とともに増加しやすいみたいですね…。日常生活に支障がなくても、痛みに耐えながら生活するのはとてもつらいものです!!

アボカドや精油、ハーブとアプローチ法にはいろいろあるので、とりあえず試してみて痛みをうまくコントロールする方法を身につけてほしいと思います。


《注意点》

セルフケアを行うに当たっては注意すべきポイントがいくつかあります。精油やハーブは心身の健康を図るのに効果的ではありますが、医療品ではありません。改善を望む症状が急性であれ慢性的であれ、まずは医者や専門家に相談することが大切です。精油やハーブによっては妊婦さんや特定の疾患、心身に不調がある場合、使用を控える必要があるものもあります。使用する際は禁忌事項をしっかり理解した上で、製品の取り扱い方法や注意点などを確認し、正しい使用法で利用するように心がけましょう。また、ご紹介する精油やハーブ、レシピは必ずしも全ての方に当てはまるものではありませんので、ご理解の上、健康維持にお役立て下さい。

参考文献
https://medicalnote.jp/symptoms/膝が痛い
http://www.health-sports.or.jp/2021/03/08/2857/
https://jisin.jp/life/health/1877419/
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/biz-journal.jp/i/amp/2015/10/post_11794.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEoAQ%253D%253D
https://mediaid.sigmax.co.jp/distress/knee/recommend-knee/1-トレーニング/
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/koureisha-shokuji/taberu-nouryoku.html
https://corp.menard.co.jp/news/pdf/100901menard_3.pdf
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51559?page=6
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/04/20160419_01.html
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/eular2008/200806/506831.html
https://minnakenko.jp/kansetsuen-itami-yawarageru-hasshurui-haabu/
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_448.html
https://www.fujisan.co.jp/trends/%E3%81%B2%E3%81%96%E7%97%9B%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AB%E3%83%89%EF%BC%81%E4%B8%80%E6%97%A5%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AB%E3%83%89%E3%81%8C%E3%80%81%E5%BC%B7/
http://www.kawata-cl.jp/info/index.cgi?id=1456898412
和田文緒著/アロマテラピーの教科書
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー
苑田みほ著/ハーブブレンドレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました