ペパーミント:ハーブ系

ペパーミント

ストーリー

ミントの代名詞でもあるペパーミントはウォーターミントとスペアミントを交配してできたものです。歴史は古く、古代ギリシャ時代から生薬として利用されてきました。医学の父と呼ばれるヒポクラテスも胃腸薬としてペパーミントを処方していたほどです。その後、イギリスに伝わり、大量に栽培されるようになりました。

効果効能


主成分であるメントールが怒りや興奮を鎮め、心に元気と活気を与えてくれます。また、インスピレーションを刺激するため、集中力を高め新しいひらめき力を与えてくれます。抑うつ作用もあるため、精神的に疲れた時にもおすすめです。

鎮静、刺激、抗うつ


胃の働きを活発にしたり、腸内ガスの廃止を促したりとペパーミントは消化器系の不調に効果的です。また、優れた鎮痛作用により頭痛や筋肉痛、神経質を緩和するのに役立ちます。花粉症や風邪による鼻詰まり、鼻炎の軽減効果も期待できます。

鎮痛、消化器官調整、消火促進、駆風(胃腸に溜まったガスの排出を促す作用)消炎、抗痙攣、抗ウイルス、抗菌、抗真菌、抗カタル(鼻や咽頭などで過剰になった鼻水や痰といった粘膜を溶解し排出させる作用)、解熱、去たん、肝臓強壮、抗炎症


皮膚の炎症を抑える作用があります。日焼けした肌や虫刺されなどのかゆみにも効果的です。また、皮膚を引き締める作用もあります。

抗痒(かゆみを抑える作用)、抗菌、収れん(肌を引き締める作用)、消炎、冷却、抗炎症

※皮膚・粘膜刺激があるため、敏感肌の方は注意しましょう。特に、目の周りへの使用は避けてください。また、体感温度を下げるため、高濃度・広範囲への使用は避けてください。妊娠中、6歳未満の乳幼児、高血圧、てんかんの方への使用は控えましょう。

効果が期待できる症状

熱、吐き気、のぼせ、皮膚のかゆみ、咽頭感染、怒り、関節炎、疲労、食中毒、頭痛じんま疹過敏性腸症候群、せん痛、肝臓疾患、つわり、夏の暑さ対策、リウマチ、歯痛、乗り物酔い、消化不良、口臭、胸やけ、うつ便秘、下痢、肩こりかぜ、月経痛、花粉症、不安、傷、二日酔い、喉の痛み、筋肉痛、腰痛ダイエット、リフレッシュ、集中力を高める

使用方法

芳香浴
空気中に散布しましょう。直接ビンから吸入するのも効果的です。
※芳香浴の場合、厳密に何滴という決まりはありませんが、精油の量はお部屋の広さや密閉の度合い、空気の流れ、室温、湿度、使用する精油自体の香りの強さなどによって大きく変わってきます。それに、香りの強さの感じ方は個人差もありますし、その時の体調にも影響されます。基本的には6畳ほどの広さのお部屋で3〜6滴程度を目安にお使いください。また、香りが強過ぎると感じた場合は少なめに、弱いと思った場合は多めにと適宜加減しましょう。

塗布
キャリアオイルで適切な濃度に希釈してから使用してください。反射区やツボ、患部と気になる部分に塗ります。敏感肌の方や子どもはさらに薄めて使用しましょう。

アロマバス
全身浴〜半身浴1〜5滴
部分浴(足浴、手浴)1〜3滴
※乳化剤やキャリアオイルで希釈してからお湯に加えると肌あたりがやさしくなります。暑い季節のクールダウンにピッタリです。

家事
キッチンやバスルーム、トイレなどの掃除におすすめです。

相性のいい精油

グレープフルーツスイートマジョラムゼラニウムティーツリーユーカリラベンダーレオンローズマリー、サイプレス、ジュニパーベリー
※太字は特に相性のいい精油になります

ケース別おすすめの活用法

乗り物酔い
ハンカチやマスクにペパーミントの精油を1滴垂らして吸入しましょう。乗り物酔いによる吐き気や不安に効果的です。

肩こりや頭痛
ラベンダーとブレンドしたマッサージオイルで1日に2回患部をマッサージしましょう。筋肉疲労や緊張を和らげます。
-マッサージオイルの作り方-
(材料)
ホホバオイル20ml
ペパーミント1滴
ラベンダー2滴
(作り方)
ホホバオイルに上記の精油を加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
作成したブレンドオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。容器に製作日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月程度を目安に使いきってください。

水虫
ペパーミントには殺菌や消臭、消毒作用があるため水虫や足のニオイにも効果的です。ペパーミントを加えた足の部分浴でケアをしましょう。

お部屋の掃除
キッチンやバスルーム、トイレの防臭、抗菌におすすめです。ペパーミントでスプレーを作っておけば、空気の浄化や虫除けと色々な用途に使えますよ。
-消臭・除菌スプレーの作り方-
(材料)
無水エタノール5ml
精製水45ml
ペパーミント10滴
(作り方)
1、スプレー容器に無水エタノールを入れます。
2、ペパーミントの精油を入れて混ぜ合わせます。
3、最後に精製水を加えてよく振り混ぜ合わせましょう。
(注意事項)
掃除や消臭、除菌に利用する場合、最大で4%程度希釈して使いましょう。また、保存期間は約2週間程度になります。スプレー容器に製作日を書いたラベルを貼っておくと便利です。その都度よく降って混ぜ合わせてから使いましょう。


《注意点》

セルフケアを行うに当たっては注意すべきポイントがいくつかあります。精油やハーブは心身の健康を図るのに効果的ではありますが、医療品ではありません。改善を望む症状が急性であれ慢性的であれ、まずは医者や専門家に相談することが大切です。精油やハーブによっては妊婦さんや特定の疾患、心身に不調がある場合、使用を控える必要があるものもあります。使用する際は禁忌事項をしっかり理解した上で、製品の取り扱い方法や注意点などを確認し、正しい使用法で利用するように心がけましょう。また、ご紹介する精油やハーブ、レシピは必ずしも全ての方に当てはまるものではありませんので、ご理解の上、健康維持にお役立て下さい。

参考文献
和田文緒著/アロマテラピーの教科書
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー
苑田みほ著/ハーブブレンドレシピ
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー


コメント

タイトルとURLをコピーしました