クラリセージ:ハーブ系

クラリセージ

ストーリー

クラリセージは古くから目や消化器系の疾患に使われてきました。それもあって、クラリセージの名前はラテン語で「明るい」や「澄んだ」を意味する「クラルス」に由来して名付けられています。また、甘い香りには陶酔作用があり、ワインの香り付や香水の原料としても利用されてきました。

効果効能


クラリセージは脳内ホルモンである「オキシトシン」の分泌を促すと言われております。オキシトシンには自律神経のバランスを整えたり、ストレスを緩和したりする働きがあるため、不安や混乱といった感情を癒し安定させてくれます。また、幸福感を与える作用もあるので、気持ちを明るく前向きにさせてくれます。

鎮静、抗うつ 催淫、自律神経バランス調整、催眠


エストロゲン様作用があるため、PMSや月経痛、更年期障害など女性特有の不調に効果的です。また、鎮痛や鎮痙作用もあるため、頭痛や偏頭痛、筋肉痛といった症状にも役立ちます。血圧降下作用により高血圧の改善にもいいと言われています。

エストロゲン様、血圧降下、血行促進、浄血、消化促進、駆風、鎮痛、鎮痙、抗真菌、通経(月経を起こさせる)、抗カタル(鼻や咽頭などで過剰になった鼻水や痰といった粘膜を溶解し排出させる作用)

肌と髪
皮膚再生や収れんなどの作用がありスキンケアや頭皮ケアにおすすめです。特に、頭皮や毛髪にいいと言われており、髪の毛の成長を促してくれます。また、フケや頭皮のベタつきにも効果的です。デオドラント作用があるため、汗をかきやすい夏場や更年期にみられる多汗への対策としても役立ちます。

収れん(肌を引き締める作用)、抗菌、消炎、皮脂分泌抑制、瘢痕形成、デオドラント、髪の成長促進

※妊娠中は37週以降に分娩を促すために使われることがありますが、通経作用があるため基本的には使用を避けてください。また、乳がんや乳腺症、ホルモン治療中の方も使用を避けましょう。それから、授乳中やてんかん症状、アレルギーがある方は医師にご相談の上ご使用ください。念のため、運転などで集中したい時や飲酒中、飲酒前後の使用も控えましょう。

効果が期待できる症状

偏頭痛、喘息、百日せき、消化不良、フケ、薄毛、高血圧、多汗、腹部膨満感、過敏性腸症候群、PMS、膀胱炎、肩こり、動悸、ニキビ・吹き出物、ストレス、冷え性、不安、うつ、咽頭炎、不眠、更年期障害、水虫、体臭、便秘、むくみ、陣痛、眼精疲労

使用方法

芳香浴
空気中に散布しましょう。
※芳香浴の場合、厳密に何滴という決まりはありませんが、精油の量はお部屋の広さや密閉の度合い、空気の流れ、室温、湿度、使用する精油自体の香りの強さなどによって大きく変わってきます。それに、香りの強さの感じ方は個人差もありますし、その時の体調にも影響されます。基本的には6畳ほどの広さのお部屋で3〜6滴程度を目安にお使いください。また、香りが強過ぎると感じた場合は少なめに、弱いと思った場合は多めにと適宜加減しましょう。

塗布
キャリアオイルで適切な濃度に希釈してから使用してください。反射区やツボ、患部と気になる部分に塗ります。

アロマバス
全身浴〜半身浴1〜5滴
部分浴(足浴、手浴)1〜3滴

美容
無香料シャンプー30mlにつき精油3滴を入れてシャンプーします
※1ヶ月以内に使い切るようにしてください

相性のいい精油

イランイランカモミール・ローマングレープフルーツジュニパーベリースイートマジョラムゼラニウムラベンダーローズアブソリュートローズオットー、カモミール・ジャーマン、フランキンセンス、ベルガモット
※太字は特に相性のいい精油になります

ケース別おすすめの活用法

PMS
ホルモンバランスの乱れによるつらい期間を穏やかに過ごせるようサポートしてくれます。アロママバスで沐浴したり、ディフューザーなどで室内に拡散したりして症状緩和を図りましょう。また、マッサージオイルで腹部を優しくトリートメントするのもおすすめです。月経が始まる1週間前くらいから腰や仙骨、下腹部周に塗布すると月経痛が緩和されます。
-マッサージオイルの作り方-
(材料)
ホホバオイル20ml
イランイラン1滴
クラリセージ2滴
ラベンダー1滴
(作り方)
ホホバオイルに各精油を加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
作成したマッサージオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。

筋肉の痛み
クラリセージは足がつった時など筋肉の痛みに役立ちます。鎮痛作用や血行促進作用により痛みを和らげてくれます。マッサージオイルで患部を優しくトリートメントしましょう。
-マッサージオイルの作り方-
(材料)
スイートアーモンド油20ml
クラリセージ4滴
(作り方)
スイートアーモンドオイルにクラリセージを加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
作成したマッサージオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。

頭皮ケア
頭皮のベタつきやフケ、薄毛で悩まされている方におすすめなのがマッサージオイルを使ったヘッドスパ。シャンプー前に髪と頭皮になじませます。頭皮は円を描くようにマッサージすると効果的です。最後にシャンプーで洗い流しましょう。
-マッサージオイルの作り方-
キャリアオイル(アルガンオイルやホホバオイル)10ml
クラリセージ2滴
(作り方)
アルガンオイルやホホバオイルといったキャリアオイルにクラリセージを加えて混ぜ合わせたら完成です。
(注意事項)
作成したマッサージオイルは容器に入れて密閉し冷暗所で保存しましょう。容器に作成日を書いたラベルを貼っておき、1ヶ月を目安に使い切ってください。

ヘアケアについてはコチラもご参照ください。

眼精疲労
眼精疲労には精油を使った温湿布がおすすめ。お湯を張った洗面器にクラリセージ、ペパーミント、オレンジスイートの精油を1滴ずつ加えたものをタオルに含ませ、軽くしぼったものでアイマスクをしましょう。
※タオルは縦に二つ折りにして、中央部をたるませて湯に浸します。精油を含む面が内側になるように折りたたんでから軽くしぼってアイマスクをしましょう。なお、目はとてもデリケートな部位になります。アイマスクをする際は必ず目閉じてください。また、精油は水に溶けにくいので、直接皮膚に触れないようにし注意しましょう。


《注意点》

セルフケアを行うに当たっては注意すべきポイントがいくつかあります。精油やハーブは心身の健康を図るのに効果的ではありますが、医療品ではありません。改善を望む症状が急性であれ慢性的であれ、まずは医者や専門家に相談することが大切です。精油やハーブによっては妊婦さんや特定の疾患、心身に不調がある場合、使用を控える必要があるものもあります。使用する際は禁忌事項をしっかり理解した上で、製品の取り扱い方法や注意点などを確認し、正しい使用法で利用するように心がけましょう。また、ご紹介する精油やハーブ、レシピは必ずしも全ての方に当てはまるものではありませんので、ご理解の上、健康維持にお役立て下さい。

参考文献
和田文緒著/アロマテラピーの教科書
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー
苑田みほ著/ハーブブレンドレシピ
朝日新聞出版/すべてがわかるアロマテラピー

コメント

タイトルとURLをコピーしました